旭愛宕は第4クオーター残り30秒で、主将の林が勝ち越しシュート。初の栄冠をつかみ取った。  チームメートから「愛宕の心臓」と信頼される林。だが、優勢に進めていた第3クオーター途中、敵との接触で右足首...[記事全文]