「あまり得点できない時は守って勝てばいい」。東海大札幌高の主将内田は、バスケットボール男子2回戦をロースコアで制し、笑みをこぼした。  柴田らのスピード感のある攻めでゴール下へ入り込み、前半を31―...[記事全文]