バスケットボール男子の23歳以下日本代表に、熊本地震で被災した道産子が選ばれた。深川市出身で、旭川大学高から東海大九州(熊本)へ進んだ林翔太郎選手(20)。避難を余儀なくされた震災後、旭川の母校や熊...[記事全文]