激しい守備でリズムをつくり、攻撃へ。稚内はチーム内の意思統一をしっかりと図り、劣勢から自分たちのペースに持ち込んだ。  前半は押し込まれる展開が続いたが、選手は焦りを感じていなかった。「守備で踏ん張...[記事全文]