1次リーグで道銀に敗れたLS北見が、決勝進出を懸けた再戦で雪辱を果たした。「相手のミスにつけ込めばチャンスはある」(スキップの藤沢)。試合は司令塔の読み通りに進んだ。  2―2の同点で迎えた第7エン...[記事全文]