今季のW杯に高校生でただ一人出場した伊藤にとって、高校生の大会は「負けられない大会」。優勝を当然視される重圧をはねのけて、「勝ててうれしい」と喜んだ。  直線的で急な助走路など、伊藤にとって飛び慣...[記事全文]