男子15キロフリーで、吉田はレンティングに30秒差をつけられる完敗だった。イメージと実際の走りがかみ合わず、終始苦しい走りが続いた。「調子が上がってこない。今は我慢の時期」と胸の内を明かした。  ...[記事全文]