昨年の5位から頂点に立った女子の宮崎は「優勝が目標だったのでうれしい」と胸を張った。  1回目は緩斜面にセットされた旗門に苦しみ「あまり攻められなかった」。しかし、2回目は振りが小さく旗門間隔の短...[記事全文]