前日のHTB杯に続く優勝を狙った伊東は1回目2位から一つ順位を落とし、3位に終わった。  飛距離が伸びなかった2回目は、助走路から踏み切って飛び出した瞬間、「風を何も感じず、あれでは仕方ない」と笑...[記事全文]