男子短距離は白樺の1年、久保の独壇場となった。前日の500メートルに続き、1000メートルも快勝。鍛えた太い両脚で氷を蹴って押し進む力強さが光った。  200メートル通過直後、バランスを崩し、「ブレ...[記事全文]