「作戦通り。ここから行く」。残り400メートルで2番手だった久保は加速した。先頭の選手を力強い滑りで抜き去り、トップでゴールを駆け抜けた。  600メートルまでは余力を持って付いていき、持ち味の強い...[記事全文]