レバンガは7連敗中だった日立東京をついに下した。「第2クオーターの爆発で勝ち切れた」と水野ヘッドコーチ。野口、多嶋、ティルマンらが次々とシュートを決めた場面は、ディフェンスから攻撃のリズムをつくるレ...[記事全文]