札幌市が28日に発表した2026年冬季五輪・パラリンピックの開催概要計画案で、開催経費は14年の試算を上回ったものの、物価上昇の影響を除くと、スピードスケートを札幌で行う場合で14年と同程度、帯広で...[記事全文]