海外組が口火を切り、国内組が負けじと続く。日本は理想的な形で大量7点を奪い、ルーマニアを一蹴した。  先制点はドイツ1部リーグでプレーする久慈。第2ピリオド5分すぎ、中央からゴール前に入ると、右から...[記事全文]