ゴール直後、湯浅は腰を折り、頭を両手で抱えた。「手も足も出なかった。いかんともしがたい情けなさがある」  旗門は直線的な配置。スピード勝負になる。「攻めなきゃいけない」と挑んだ。だがターンの歯車がか...[記事全文]