放ったシュート15本に対し、浴びた数は3倍近い42本。エスポラーダは、王者名古屋の強力な攻めに、ねじ伏せられた。「こちらの方が一つ一つのプレーの精度が低く、相手へのプレスも弱かった」と小野寺監督。地...[記事全文]