札幌は単調な攻撃が目立ち、スコアレスドローだった7月16日の岡山戦以来、1カ月ぶりの無得点に終わった。  前線でボールをなかなかキープできず、連動した攻めができなかった。「近い距離でプレーしようと話...[記事全文]