自陣に人数を割いて守る岡山を崩しきれなかった。シュート数は岡山の2本に対して札幌は8本。同じスコアレスドローだった前節のC大阪戦よりも、選手たちの表情には悔しさが色濃く出ていた。  両ウイングバ...[記事全文]