これが首位の底力か。前半早々に稲本が負傷退場し、堅守がほころび2点リードを許すという状況から攻撃陣が奮起し追い付いた。連勝こそ6で止まったが、価値ある勝ち点1を手にした。  千葉のスピーディーな...[記事全文]