四方田監督はDF陣をシャッフルした上で、紅白戦を3バック対4バックの設定で行った。清水の4バック対策という部分と、一方で「いつでも状況に応じてできるように」と、札幌も時には4バックで攻め込む準備でも...[記事全文]