クラークのエースが終盤に力尽きた。七回まで2安打1失点と好投していた平沢津だったが、3―1で迎えた八回にはもう「体力がなかった」。球威が落ちたところを聖光学院打線に狙われた。  四球や自らの失策など...[記事全文]