北海打線が序盤、プロ注目の松山聖陵エース・アドゥワに襲いかかった。二回、2死から俊足の鈴木が三前にセーフティバントで出塁。小野が四球を選んだ後、菅野が低めの変化球を中前に運び、二塁走者の鈴木が生還。...[記事全文]