試合の流れをつかんでいたかに見えたクラークだったが、終盤に力尽きた。3―1で迎えた八回。ここまで2安打1失点と好投してきた先発平沢津がつかまり、一挙4失点。以降は失った流れを取り戻すことができなかっ...[記事全文]