鮮やかな先制劇だった。北海が得点するまで要したのはわずか6球。先頭が出て、送って、返す。「北海野球」の真骨頂ともいえるナイン一丸のスピード感あふれる攻撃で、試合の主導権を握った。  一回、1番小野が...[記事全文]