九回2死一塁、遊飛を打ち上げて最後の打者となった滝川西の安居はベンチに戻ると、泣きじゃくった。「スタンドにあいさつするまでは我慢しようと思っていた」。主将として、あふれる思いが頬をつたった。  ...[記事全文]