クラークとの準決勝で惜しくも敗れた旭実。九回には主戦投手の陣翔大選手(3年)が2点本塁打を放ち、同点に追いつく活躍を見せたが、あと一歩のところで突き放された。  投手ながら打撃も好調の陣選手は、支部...[記事全文]