3年前の春、部員9人で始動したクラークが、ついに決勝の舞台に立つ。  サヨナラ劇の口火を切ったのは1年浜本だ。「先輩たちとの夏を、終わらせるわけにはいかない」。2点本塁打で同点とされた直後、九回裏の...[記事全文]