北大会の決勝は、ともに打線が活発で勝負強さが光るクラークと滝川西がぶつかる。両チームの投手陣が勢いを止められるかが鍵だ。  クラークは、全3試合で2桁安打を放っている。サヨナラ勝ちした2回戦と準決勝...[記事全文]