「なんとしてでも走者をかえしてやる」。北海の2番菅野(3年)は北照戦で2点リードとなった二回2死一塁、コンパクトに振り、左中間を破る適時三塁打を放った。  支部予選では9打数2安打と不振に苦しんだ。...[記事全文]