釧工が競り勝った。先発関向が緩急を生かした投球で、6安打3失点(自責点2)で完投した。打線は同点の六回1死三塁で松本が決勝の適時打を放った。稚内大谷は四回に追いついたが、その後はつながりを欠き、九回...[記事全文]