東海大札幌高は好機に打線がつながった。同点の四回1死二、三塁、代打内林が勝ち越しの2点二塁打。七回には内藤の適時内野安打、八回には富田の左前適時打でそれぞれ1点を加えた。函ラサールは先制したものの、...[記事全文]