緊張に包まれた北大会の開幕戦。江陵の主砲酒井(3年)が初回、左前に適時二塁打を放って先制点をたたき出し、チームを勢いづけた。  1死一、二塁で内角高めの変化球を、体勢を崩しながらも振り抜いた。打球は...[記事全文]