帯柏葉が終盤の猛攻でもつれた試合を決めた。同点の九回に1死満塁と攻め立て、工藤航の二塁打で2点を勝ち越すと、2死後には桜井の適時打で2点を追加した。  士別翔雲は序盤に3点を先行し主導権を握った。継...[記事全文]