夏の高校野球は3日、6支部で代表決定戦を行い、南北海道では小樽支部で双葉が樽潮陵を下し、初代表を決めた。札幌支部では甲子園の春夏連続出場を狙う札第一が札山の手を下し2年ぶり23度目の代表。北北海道で...[記事全文]