我慢の投球を続けた名寄の主戦岡田(3年)が、自らのバットで決着をつけた。1点を追う八回、同点としてなお2死二、三塁で内角直球を引っ張り、左前2点適時打。「ピッチングでみんなに迷惑をかけた分、取り返せ...[記事全文]