26日、北見市営球場で開幕、A、C両ブロックの1回戦2試合を行い、紋別と北見工がいずれも五回コールド勝ちで準決勝に駒を進めた。紋別は二回、渡辺亨介選手(1年)の本塁打などで6点を挙げ逆転勝ち。北見工...[記事全文]