決勝打となる2点適時三塁打を放った道栄の3番公平(きみひら)銀仁郎選手(3年)は、「甘い球がきたら積極的に振っていこうと思った。打った瞬間外野を抜けると思った」と振り返った。  初回の第1打席は見逃...[記事全文]