札大谷は五回、1番喜多村(3年)が本塁打を放ち、反撃ののろしを上げた。  先頭で打席に入り「塁に出ることだけを考えていた」。真ん中に甘く入った直球を逃さず振り抜くと、大きな放物線を描いた打球は左中間...[記事全文]