序盤に大量6点を奪った道栄が逃げ切った。二回、同点に追い付き、2死満塁から佐藤、公平が連続適時長短打を放って4点を勝ち越し。六回にも2点を追加した。東海大札幌高は九回、1点を返してなお無死満塁と攻め...[記事全文]