白樺の勝利への執念が、白星を呼び込んだ。春は3年連続で駒大苫小牧との対戦で、昨年は打線のつながりに欠けて苦杯をなめていた。駒苫には十勝出身の阿部陽(3年)らがいて、ライバル心もあり、「一番やりたかっ...[記事全文]