3―1の九回1死一塁、函工の主戦本庄拳也投手(3年)は東海大札幌高の9番打者を簡単に遊飛に打ち取った。昨春のセンバツ甲子園準優勝校を破り、4強入りを果たすまであと1人に迫った。  ここでバッテリーを...[記事全文]