「四球を出して自滅してしまった。気持ちの面で道栄の打者の気迫に押された」。先発したものの、二回途中でマウンドを降りた菊田雄斗(3年)は無念そうに語った。  釧江南は支部予選から全ての試合にエース栗原...[記事全文]