東海大札幌高の3番、浦田(2年)は打席に入る前、足が震えていた。2点を追う九回2死満塁。「自分がアウトになったら試合終わってしまう」  だが、一打で結果が変わる絶好機に、スタンドの盛り上がりは最高潮...[記事全文]