「ボールを見極めながらも、ファーストストライクから積極的に振ろうと打席に入った。思い通りにできた」。道栄の9番伝法佑季選手(3年)は、二回にチーム最初の得点となる2点適時二塁打を放った打席を冷静に振...[記事全文]