主将の一振りがチームに勢いを与えた。駒大苫小牧の3番若林楽人主将(3年)は初回1死二塁の好機に「甘いコースにきたら振ろうと決めていた。狙い通りのバッティングができた」と外角高めに浮いた直球を振り抜き...[記事全文]