札南の木田(3年)が6四球と制球に苦しみながらも粘投し、札新川の攻撃をしのいだ。「ここで抑えれば、うちに流れが来る」。得点圏に再三走者を背負いながらも強気の投球を続けるエースを、バックも好守でもり立...[記事全文]