名寄産業の2番の伊賀(3年)が先制打となる適時二塁打を放つなど4打数3安打2打点の活躍で勝利に貢献。「塁に出ることだけを考えていた。タイミングが合っただけ」と謙虚に振り返った。  練習後にチームメ...[記事全文]