大敗したチームで一人気を吐いたのが登別青嶺主将の千葉(3年)。二回、先頭打者としてチーム唯一の安打を中前に放った。  4月に1年生が入るまで部員はわずか2人。冬場はバスケ部と空手部に出向き、基礎体...[記事全文]