強豪の遠軽を後半追い上げたものの、最後は突き放された北見商。クリーンアップを担った双子の3年生、引地(ひきち)和希、来希(らいき)は、ともに「すごく悔しい」と唇をかんだ。  父誠一さん(49)は同...[記事全文]