札第一は継投で七回から冨樫、九回1死から前田の両2年生左腕が登板し、甲子園のマウンドを経験した。  冨樫は2回1/3を2失点だった。七回は「気負いがあった」と死球や暴投が失点につながったが、八回は2...[記事全文]